« 長谷寺ぼたん祭り | トップページ | カメ日和 »

2011年5月15日 (日)

誉田哲也「国境事変」

GWに読んだ中では一番面白かった。

裏の「国家と人命の危機を察し、銃声轟く国境の島・対馬へと向かう―警察官の矜持と信念を描く、渾身の長篇小説」に惹かれて買いました。

公安警察の話です。

博多にいたころは海の向こうが違う国だったけど、奈良はぐるっと日本。

なので普段“国境”なんてぜんぜん考えませんよ。

警察と公安の対立、在日韓国朝鮮人問題と結構シビアな内容ですが、実際ありそうだなーという展開に一気に読んでしまいました。

ただ、視点がよく変わるので、途中前を振り返ること多々あり。

重々しいテーマをそれに見合った描写で話が進んできてたのに、最後なんか刑事ドラマっぽくなったのはちょっとおしいね。

|
|

« 長谷寺ぼたん祭り | トップページ | カメ日和 »

コメント

>ロンさん
この人の作品は骨太でおもしろいです。
ぜひ一読してみてください^^

投稿: ひよちゃん | 2011年5月24日 (火) 21時04分

これはおもしろそうですね。

また見てみます~

投稿: ロン | 2011年5月22日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109638/51677981

この記事へのトラックバック一覧です: 誉田哲也「国境事変」:

« 長谷寺ぼたん祭り | トップページ | カメ日和 »