« よい一年になりますように | トップページ | 本物ですか? »

2010年1月 3日 (日)

宮部みゆき「孤宿の人」

裏表紙の内容紹介を読んで、時代ものとはわかったものの内容見当つかず。

読み始めてすぐに人が死ぬが謎解きする雰囲気ではなく、後半への種まきぽく上巻が終わるころにはぐんぐん惹きこまれ、最後は思わず泣けてしまった。

四国の小藩が抱える問題に翻弄されるフツウの人々を、「ほう」という少女を軸に見事に描ききった秀作です。

帰省のお供にと上下巻を買ったのに、元日までに読んでしまったくらい面白くて、今年の読みもの幸先よいスタートだ☆彡

|
|

« よい一年になりますように | トップページ | 本物ですか? »

コメント

>ロンさん
これはホントにおもしろかったですよ^^
ぜひ読んでくだしゃい☆彡

投稿: ひよちゃん | 2010年1月11日 (月) 21時02分

なんと!
そんなにおもしろかったのですか。

私は最近あまり本を読んでいないので、また物色してみますbearing

投稿: ロン | 2010年1月 6日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109638/47194694

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「孤宿の人」:

« よい一年になりますように | トップページ | 本物ですか? »