« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

チロル3連発!ももち、チョコクランチ、さくらもち

Image普段あまり行かない系列のコンビニに行くと、目新しいものイロイロあって楽しいね^^

で、これはどれもかなーりGoodでした☆彡

特にチョコクランチがオススメ。

チロルとしては珍しく中身ざくざくしててよかったです。

パッケージもかわいいし~ぐっと春が近づいたような^^v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月22日 (日)

春遠からじその2

Sbca0031 菜の花をいただきました。

空気が冷たくても日差しは春めいて、冬も終わりがみえてきた^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月20日 (金)

恩田陸「ネクロポリス」

本屋さんで平台の方が売れやすいというのをどっかで読んだことがあるけど、確かにカバーや帯に引かれて手に取るってこと多し。

この本も平台においてあって帯の文句に惹かれて買ったクチ。

萩尾望都の解説してるってのも興味あったし。

で、長編ですがあっという間に読みました。

で、正直よ~わからんというのが感想です^^;

読んでるときは物語の展開が気になって、どんどんページが進むんですが、最初から頭の隅に?がうようよしてました。

最後消化不良気味、冒頭~中盤までがおもしろいだけにちょっと残念。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年2月19日 (木)

春遠からじ

Imageファミリーマートの さくらミルクプリン(桜餅風)です。

名前のとおり、桜餅の風味がします。

なかなか美味でございます^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月13日 (金)

道の駅

寒いと出不精の冬眠状態もそろそろ目覚めの予感?ぶらーっと近くの道の駅まで土産物売り場物色にいってみた。

道の駅」って、道路利用者のための「休憩機能」、 道路利用者や地域の方々のための「情報発信機能」、 そして「道の駅」 をきっかけに町と町とが手を結びあう「地域の連携機能」の3つの機能を併せ持つ休憩施設とここに書いてあるね。

それぞれキャッチフレーズがあるの、このサイトみて知りました^^;

Imageせっかくだから?地域特産品マーク付と誰でも知ってる名産品をGet、小一時間なのにちょっと遠出した気分☆彡

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年2月 9日 (月)

日本の常識世界の非常識?

愛読ブログのひとつOn Off and Beyondで、目からでかいウロコを発見!?

日本人の「○=よい、Yes ×=だめ、No △=○と×の中間」というのが英語圏ではぜんぜん通じないそうです。

これがわからなけりゃ、日本のゲームのコントローラーの〇ボタンはOK、選択、良を意味し、×ボタンはその逆も理解できないですよね^^;

で、オフィスの電化製品でよくお目にかかる ○ | スイッチも、考えてみれば異質。

当たり前だと思っていることがそうでないこといろいろあるけど、これはとっても不思議かつ興味ある話です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年2月 8日 (日)

2/14ネタその2

Image12月14日は煮干の日だそうです。

NBonlineバレンタインとカタクチイワシという記事で初めて知りました。

で、題名に興味ひかれて読んだら思いのほかおもしろかったり^^

国内消費量からみてチョコレート業界の「バレンタイン依存率」(と著者がいっている)が約12%だそうで、もはやなくなったらかなりダメージ大きいイベントと化しているのね。

義理チョコは「業界が仕掛けたというより、なりゆき必然の産物」とか「ホワイトデー贈答予約券」から始まって、「一種の勤務評定」になってるというあたり、結構笑える内容です。

会員でないと読めませんが、登録無料&おもろい記事多いので、ぜひお読みください^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月 3日 (火)

新食感!?ういろう餅昌さんのショコラもち

Image

バレンタインまであと少し、巷にチョコが氾濫している今日この頃、これは自分で食べるのです^^v

見た目ほんとに生チョコなのに、口にいれたらわらび餅っぽいプリプリ^o^

不思議感も満足の美味一品でした☆彡

くわしくはこちら~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年2月 1日 (日)

セール会場で

Image_2

目があった。

1枚250円なり^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »