« おしごと適職度チェック★ | トップページ | カーステがんがん☆ »

2007年2月 4日 (日)

内田康夫「贄門島」

昨日は節分、会社帰りにコンビニ寄ったらレジ横で福豆売ってたので、「豆巻きでもしよっかな~」といいながらカゴに入れたところ、店員さんが「巻き寿司もどうですか?」。

実はお昼に巻き寿司食べておなかいっぱい、丁重にお断りして帰りました。

まだたくさん残ってたけど、あれはどうなったんだろ~全部売れたのかのぉ...

生ものだから、25日のクリスマスケーキのようなわけにはいかないだろうしね^^;

で、「贄門島」ですが、浅見探偵モノとしてはテーマ重かったです(+_+)

解説で「プロットを考えず執筆するのは、その作業がおもしろくないから」と告白?されてますが、それでちゃんと最後につじつまあうのはすごいです。

最後に巨悪がわかって自分も驚いたってのは、ちょいほんまかいな~と思ったけど、ま~確かに自分で結末わかりながら書いてるのは楽しくないかもね^^;

飄々とした作風を期待して手に取ると、かなり暗くなります。

なので、社会派ミステリーとして読みましょう。

|
|

« おしごと適職度チェック★ | トップページ | カーステがんがん☆ »

コメント

>ロンさん
好みはあれど、やっぱり面白いです。
ぜひぜひどうじょ☆彡

投稿: ひよちゃん | 2007年2月 8日 (木) 20時55分

最近読んでないんですよねえ。
また本屋でも覗いてチェックしてみます!w

投稿: ロン | 2007年2月 7日 (水) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109638/13787543

この記事へのトラックバック一覧です: 内田康夫「贄門島」:

« おしごと適職度チェック★ | トップページ | カーステがんがん☆ »