« ウォーキービッツ その後の後 | トップページ | 瓢箪から駒っ »

2005年10月 4日 (火)

クライブ・カッスラー「オデッセイの脅威を暴け」

今月はいよいよ「サハラ -死の砂漠を脱出せよ-」のDVDでます。

結局劇場にいけなかったのでかなり待ち遠しい今日この頃、ダーク・ピットシリーズ17作目「オデッセイの脅威を暴け(上・下)」を読みました。

このシリーズは全部読んでるんですが、そんなにあったのかと調べてみたらホントにあったよ^^;

今回の舞台はカリブ海なんだけど、映画「トロイ」をもう一度観ようかと思わせるお話です。

歴史のミステリを現代社会の問題にうま~く絡ませる手法は相変わらず、特に今回は古代史の話なんで、歴史好きの私にはとってもおもしろく読めました。

昨年新作が発表されたとのこと、ダーク・ピットはじめ常連キャラクター達は作品とともに年をとってきてるので、これから活躍の場がどんな風に変わっていくのか、年をとる=引退ではなさそな作者ですから、日本語訳の発刊楽しみです。

|
|

« ウォーキービッツ その後の後 | トップページ | 瓢箪から駒っ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109638/6252714

この記事へのトラックバック一覧です: クライブ・カッスラー「オデッセイの脅威を暴け」:

» オデッセイの脅威を暴\け [ゼロから]
もう、かなり年取ったダーク・ピットとアル・ジョルディーノ。一体、何時までこのシリーズは続くのか! [続きを読む]

受信: 2005年10月22日 (土) 02時57分

« ウォーキービッツ その後の後 | トップページ | 瓢箪から駒っ »